雑記

iPadを使って家具の買物をスムーズにする方法

2020年12月20日

こんにちは。matworks(ツイッター:@matworks)です。 今日は、iPadとApple Pencilを使って家具の買物をスムーズにする方法をお伝えします。   最近、新居に引っ越すことになり、新居に合わせて家具を買うことになりました。 そんな時、iPadとApple Pencilの組み合わせがかなり便利に活用できます。   家具屋さんに行って家具を買う時には、新居の部屋のサイズに合わせて買わなければなりませんから、事前に部屋や収納のサイズなどを測ってから出かけると思います。   サイズを測る時に、まずはiPadのカメラで写真を撮ります。 そしてサイズを測ります。 測ったサイズをただメモ帳にメモするのではなく、先ほどiPadで撮った写真に直接Apple Pencilでサイズを書き込みます。   自分の手書きの絵ではいったいどこの部屋なのかが分かりにくい時がありますが、実際の写真に書き込めば、どこのサイズなのかが一目で分かります。 また、紙に書く場合には、まず簡単な見取図を書いて、その後にサイズを書き込まなければなりませんが、写真であれば見取図を書く手間がなくなります。   こんな風になります。 ↓   写真に書き込むには色々なアプリが使えると思いますが、私はiPad標準の写真アプリから編集ボタンを押すと表示される「マークアップ」という機能を使っています。 この標準アプリでも十分だと思います。   まず、iPadの「写真」アプリで右上に表示される「編集」をタップします。   次に、…のマークをタップします。   「マークアップ」をタップします。   Apple Pencilを使ってサイズを書き込んでいきます。   家の中の色々な場所のサイズを、写真を撮りながら書き込んでいきます。   サイズを書き込んだら、あとは家具屋に行ってiPadを見ながらサイズにあった家具を買えば、スムーズに買うことができます。   iPadで編集した後、iPhoneに写真を転送しておけば、iPadを持ち歩かなくても家具屋でiPhoneの画面を見ながら買うこともできます。 写真はApple製品同士ならAirdropで簡単にシェアできるのが便利ですね!   以上、iPadとApple Pencilの便利な使い方の例でした! よければTwitterフォローもお願いします!

-雑記