仕事効率化 雑記

M1チップ搭載MacBook AirでiPadのアプリを使ったら…

2020年12月7日

こんにちは。matworks(ツイッター:@matworks)です。 今日は、最近購入したM1チップ搭載(Appleシリコン)のMacBook AirでiPadアプリを使った内容について書いてみます。  

MacBook AirでiPadのアプリが使える!

MacBook AirでiPadのアプリが使えるということをどこかのサイトで見て、かなり期待していました。 私は普段ケアマネの仕事で「カイポケ」と言う管理ソフトを使っています。 そのカイポケの売りの1つであるカイポケタブレットを利用しています。 iPad専用のアプリで、利用者さんのアセスメントや支援経過記録の入力、ケアプランの作成等が行えるアプリです。 いちいちパソコンを立ち上げてネットにつなげて⇒ブラウザを開いて⇒カイポケを立ち上げて、という面倒な手順を踏まなくても、iPad上でカイポケタブレットのアプリを立ち上げればすぐに自分が担当している利用者さんの一覧表が表示されます。 カイポケが提供するレンタルのiPadだけでなく、自分が所有しているiPadでもApp Storeからダウンロードして使うことができます。 このアプリを使い始めて仕事の効率化が進みました。  

アプリがiPadの縦画面でしか使えない!

ただ、このアプリの致命的な欠点が、iPadの縦画面にしか対応していない点です。 カイポケさん、ぜひ横画面への対応を切にお願いいたします!   iPadでの文字入力を効率的にできるMagic Keyboardなどを使うとき、iPadを横画面でしか使うことができません。 そしてカイポケタブレットは縦画面でしか使えません。 何が起こるかといいますと、画面を横向きにした状態でしか文字入力ができないんです。(汗) 首をずっと傾けた状態で入力し続けるわけにもいかず、困っていました。   カイポケさんは音声入力ができるといいうことを売りにしていますが、利用者さん訪問時に目の前で音声入力するわけにもいかず、キーボードで入力するには画面が横になった状態で入力するしかありません。  

MacBook Airなら縦画面で使えるかも!

今回購入したM1チップ搭載のMacBook AirはiPadアプリが使えるということで、縦画面で使えるのではないか!?と思いつきました! 早速カイポケのアプリをダウンロードして使ってみました。 MacBook Airの横画面に対して、カイポケアプリは見事に縦画面で表示され、普通通りに入力することができるようになったんです! 素晴らしいです! その状態で1〜2週間は普通に使えました。 とても快適です。   ただ、その快適な状態は長くは続かず…。 その後にカイポケタブレットのアプリ画面がフリーズしてしまう現象が毎回起き始めました。 その後も何度か試してみましたが、やはりすぐにフリーズしてしまいます。 フリーズしてしまう原因はよくわかりません。   カイポケ以外のiPadアプリはまだあまり使っていないため、フリーズは確認していません。 M1チップなのが原因なのでしょうか? カイポケタブレットのアプリが原因なのでしょうか?   ということで、結局MacBook Airではカイポケタブレットのアプリが使えなくなってしまいましたので、またiPad Proの方で縦画面で仕方なく使っています。 またMacBook Airで使えるようになってくれる事を切に願っています!

-仕事効率化, 雑記