Apple製品をそろえて使う10のメリット

こんにちは。
matworks(ツイッター:@matworks)です。

 

M1チップ搭載のMacBook Airを購入!

最近、AppleのM1チップ搭載のMacBook Airを購入しました!
2020年11月17日に発売されたばかりのやつですね。

ネット上のベンチマークテストでは、爆速とのことで盛り上がっていますが、私はまだそこまでの機能は使っていません。

動画編集などの高い負荷がかかる時に本領を発揮するようですね。

 

これまではmicrosoftのsurface laptopを使っていました。

windowsからmacへ乗り換えたわけです。

 

これまでなぜwindowsだったのか?

iPad Pro 11インチ、iPhoneX、Apple Watch、AirPods ProとApple製品ばかり使っているのに、パソコンだけはwindowsでした。

なぜwindowsにこだわっていたのかというと、仕事上でOfficeのWord、Excel、PowerPointを使う機会が多く、受け渡しをする時のデータの互換性を考えてwindowsにしていました。

何年か前にmacを使っていた時には、office for macというソフトを使っていましたが、そのofficeのデータをwindowsで開くと文字がずれていたりして困ったことがありました。

でも、今はMicrosoft365のサービスを使っていて、macでもwindowsでも互換性の問題は特に感じていません。

改良されてきたんでしょうね。

 

officeの互換性の問題が解消されたならば、windowsからmacに乗り換えても特に問題はないので、今回の乗り換えに至りました。

 

Apple製品をそろえて使う10のメリット

乗り換えて感じるのは、Apple製品はそろえて使うことで相乗効果を発揮するということです。

 

私が感じているそろえて使うメリットは、以下の内容です。

  1. MacBookのSidecarという機能で、iPad ProをMacBookの外付けモニターとして使うことができる
  2. Apple WatchでMacBookのロックを解除することができる(パスワードなど入れるより起動が速い)
  3. iPadで書いた手書きのメモがMacBookでも参照できる(windowsでもiCloudにログインすれば見られるが、手間がかかる)
  4. リマインダーという共通のアプリでTODOを同期できる(MacBook、iPad Pro、iPhone、Apple Watchの全てで同じ内容を見られる)
  5. Safariのブックマークや開いているページを同期・共有できる
  6. Airdropで写真の共有がすぐにできる
  7. iPadアプリをMacBookでも使える
  8. MacBook、iPad Pro、iPhoneのどれからでもLINEのメッセージのやりとりができる
  9. MacBook、iPad Pro、iPhoneのどれからでもKindleの本の続きから読める
  10. AirPods Proのつなぎ替えがスムーズにできる

 

まだまだありそうですが、Apple製品をそろえて使うことで、こんなにメリットがあるんです。

Appleの戦略すごいですね。

まんまとハマってしまいました(笑)

Apple製品が増えれば増えるほど、便利になっていくようにできています。

 

これで、仕事上でもかなりの効率化が図れるのではないかと感じています。

また活用事例などはご報告したいと思います!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG