3Eのモバイルキーボード3E-BKY8でどこでもブログが書けてしまう!

みなさんこんにちは。
matworks(ツイッター:matworks)です。

今日は、最近購入した3E(スリーイー)のモバイルキーボード3E-BKY8のレビューをしたいと思います。

ビックカメラで約4,700円で購入しました。

3つ折りタイプのコンパクトなキーボードです。

Bluetooth接続で3台までのマルチペアリング対応です。

電池は充電池式です。
充電時間は2時間、連続待受時間218日、連続使用時間は84時間となっています。
これぐらいもてば旅行に持って行ったとしても十分ではないでしょうか。

ビックカメラの店頭にデモ機が置いてあり、折り畳みのスムーズさとしっかりとしていて高級感がある作りに惚れて衝動買いしてしまいました。

タイピングの感覚は、音で例えるとパチパチした感じです。

少しだけチープな感覚はありますが、このコンパクトサイズなら仕方ないかなと思います。

出先だけで使う用途であれば特に問題ありません。

カバーがスマホスタンドになるのも便利ですね。
カバーにマグネットが仕込んであり、スマホを立てかけるのにちょうど良い位置でホールドできるようになっています。

ちょっと近所まで出かけるなど、iPadを持ち運ぶほどでもない時には、iPhoneとこのキーボードと財布だけをミニバッグに入れれば、身軽にお出かけできます。

ちょっとした空き時間にブログを書くこともできます。
ちなみに、この記事もこのキーボードで車の中で打っています。

個人的に感じるマイナス点は、膝上で打とうとするとキーボードが折れてしまって、かなり打ちにくい点です。

3つ折りのキーボードは、このキーボードに限らず膝上に置いて打つと折れてしまいますので、そもそも膝上で打つことは想定していないのでしょう。

テーブルの上、もしくは膝上にクリップボードなどの下敷きを置き、その上で打つのであれば問題ありません。

あと、私の場合は普段よく使っているiPadのMagic Keyboardと比べると、Magic KeyboardのEnter Keyの位置にBackspace Key、Backspace Keyの位置にDelete Keyがくるため、入力ミスがよくあります。

慣れれば問題ないのかもしれませんが、普段よく使うのがMagic Keyboardで、時々使うのが3Eのキーボードのため、やはり3Eのキーボードで打つ時はどうしてもミスタッチがあります。

このコンパクトさは荷物を増やしたくない外出の時にはベストなサイズなので、出先でちょっと長めの文章が快適に打てるなら、多少のミスタッチは我慢するとします。

ブログを書いていたり、普段よく文章を打つ必要がある方にはオススメのキーボードです。